Articles section

改正前民法95条 錯誤

第95条  意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。     民法95条 錯誤

民法742条 婚姻の無効

第742条 婚姻は、次に掲げる場合に限り、無効とする。    一 人違いその他の事由によって当事者間に婚姻をする意思がないとき。    二 当事者が婚姻の届出をしないとき。ただし、その届出が第七百三十九条第二項に定める方 …

公証人法35 公正証書作成の方法

第35条 公証人証書ヲ作成スルニハ其ノ聴取シタル陳述、其ノ目撃シタル状況其ノ他自ラ実験シタル事実ヲ録取シ且其ノ実験ノ方法ヲ記載シテ之ヲ為スコトヲ要ス e-Gov 公証人法

入管法施行規則25条の2 意見聴取担当入国審査官の指定

第25条の2 法第二十二条の四第二項の規定により意見の聴取をさせる入国審査官(以下「意見聴取担当入国審査官」という。)は、意見の聴取について必要な知識経験を有すると認められる入国審査官のうちから、法務大臣(法第六十九条の …

民法859条の3 成年被後見人の居住用不動産の処分についての許可

第859条の3 成年後見人は、成年被後見人に代わって、その居住の用に供する建物又はその敷地について、売却、賃貸、賃貸借の解除又は抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭裁判所の許可を得なければならない。 e- …

民法992条 受遺者による果実の取得

第992条 受遺者は、遺贈の履行を請求することができる時から果実を取得する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。 e-Gov 民法