未来を見て、点を結ぶことはできません ~ ことばの道しるべ

onetwo

you can’t connect the dots looking forward;

you can only connect them looking backwards.

So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.


<<Steve Jobs>>

未来を見て、点を結ぶことはできません。

できるのは、過去を振り返って点を結ぶだけ。

だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じるしかないのです。


 

言志録120条 己を失うと

己 斯 喪 人。 喪 人 斯 喪 物。


<<佐藤一齋・秋月種樹(古香). 南洲手抄言志録 南洲手抄言志録(青空文庫)>>

 
おのれうしな へ ば こゝ に 人 を うしな ふ。 人 を 喪 へ ば 斯 に もの を 喪 ふ。


<<佐藤一齋・秋月種樹(古香). 南洲手抄言志録 南洲手抄言志録(青空文庫)>>

 
己 を 失う と 周囲 の 人 を 失っ て しまう。 周囲 の 人 を 失う と 全て 失っ て しまう。


水上基地; 佐藤一斎. 現代語訳 言志四録 言志録 (現代語訳文庫)

 

言志録88条 着眼点を高く

眼高、 則見 理不 岐。


<<佐藤一齋・秋月種樹(古香). 南洲手抄言志録 南洲手抄言志録(青空文庫)>>

 
がん くること 高 ければ、 則 ち を 見 ること せず。


<<佐藤一齋・秋月種樹(古香). 南洲手抄言志録 南洲手抄言志録(青空文庫)>>

 
着眼点を高く大局的すれば道理が分かり迷わない。


水上基地; 佐藤一斎. 現代語訳 言志四録 言志録 (現代語訳文庫)

 

言志録124条 雲はやむを得ず

雲煙聚 於不一 レ 已。
 
風雨洩 於不一 レ 已。
 
雷霆震 於不一 レ 已。
 
斯可 以觀 至誠之作用


<<佐藤一齋・秋月種樹(古香). 南洲手抄言志録 南洲手抄言志録(青空文庫)>>

 
雲煙うんえん むことを 得 ざるに あつまる。風雨 ふううは 已 むことを 得 ざるに る。 雷霆 らいていは 已 むことを 得 ざるに ふるふ。 こゝに 以 て 至誠 しせい作用 さよう る 可 し。


<<佐藤一齋・秋月種樹(古香). 南洲手抄言志録 南洲手抄言志録(青空文庫)>>

 
雲 は やむを得ず 集まり、 風雨 は やむを得ず 降り、 雷 は やむを得ず 響く。 これ を 見 て 至誠 の 作用 を 考えよ。


水上基地; 佐藤一斎. 現代語訳 言志四録 言志録 (現代語訳文庫)

 

津波てんでんこ ~ ことばの道しるべ

津波てんでんこ

「津波の時は てんでんばらばらに
逃げる」という意味です。

命を守るためには 一人一人が
少しでも早く逃げることが
 大切だからです。

子どもも 迎えに行ったお父さんもお母さんも
一緒に亡くなるケースがあまりにも多かった

家族が思い合う中で 人と人とが思い合う中で
多くの人が亡くなってしまう

だからこそ自分の命をしっかりと
自分で守るということ

自分のことを思ってくれている人の命を
守ることになるんだということを

自覚せよと教えてくれるていることが
「津波てんでんこ」だと思う

「津波てんでんこ」は
自分の命を守ることで
ほかの人も救う教えなのです。


<<地学基礎- NHK>>

 

独坐幽篁裏 ~ ことばの道しるべ

 
ひとり坐幽篁裏ゆうこうのうちにざし
 
弾琴きんをだんじて復長嘯またちょうしょうす
 
深林しんりん人不知ひとしらず
 
明月来めいげつきたりて相照あいてらす


<<夏目漱石. 草枕(青空文庫)>>

 
 

若さとは一時のもの ~ ことばの道しるべ

onetwo

”若さとは一時のもの”

”青春は
永遠なるもの”

同感だな

誰の言葉だ? 

ライトさ

そうだ

92歳で死ぬまで
家の設計を

私のことか

遅咲きの花を
歓迎するよ

どうも


<<ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル on hulu>>

“While being young
is an accident of time,
youth is a permanent
state of mind.”

I totally agree..
and who said that?

Frank Lloyd Wright.
Oh, yeah.

Still designing homes
the year he died at age 92.

Does this apply to me?

It’s nice to see
a late bloomer
in the garden of knowledge.

Thank you.


<<ナンバーズ 天才数学者の事件ファイル on hulu>>

 

こころうき ~ ことばの道しるべ

こころうき
 
年にも有るかな
 
廿日あまり
 
ここぬかと伝ふに
 
春のくれぬる
 
     藤原 長能

 
 

この歌は 平安時代の歌会で詠まれた
 一首なんですね。
「今年は なんと悲しい年であることよ。
29日というのに 春が終わってしまうとは」
 という意味なんですが。
この年は3月が暦上 1日早い
 29日で終わってしまう年だった。

だけれども
 歌会の場に居合わせた主催者であり
歌壇のトップである藤原公任きんとうという人が
この歌の意味を
 ちょっと勘違いしてしまって
春が30日しかないということも
 なかろうというふうに つぶやいた。
1月から3月まで ずっと春の期間じゃ
 ないかというふうに言ったんですね。
作者の長能ながとう
歌壇のお偉いさん トップの公任に
 批判されてしまったっていうので
とてもショックを受けて
そのあと
 ごはんが食べられなくなってしまって
最終的には死んでしまったという歌。


<<NHK短歌>>