民法424条の3 特定の債権者に対する担保の供与等の特則

第424条の3 債務者がした既存の債務についての担保の供与又は債務の消滅に関する行為について、債権者は、次に掲げる要件のいずれにも該当する場合に限り、詐害行為取消請求をすることができる。
 一 その行為が、債務者が支払不能(債務者が、支払能力を欠くために、その債務のうち弁済期にあるものにつき、一般的かつ継続的に弁済することができない状態をいう。次項第一号において同じ。)の時に行われたものであること。
 二 その行為が、債務者と受益者とが通謀して他の債権者を害する意図をもって行われたものであること。
 
2 前項に規定する行為が、債務者の義務に属せず、又はその時期が債務者の義務に属しないものである場合において、次に掲げる要件のいずれにも該当するときは、債権者は、同項の規定にかかわらず、その行為について、詐害行為取消請求をすることができる。
 一 その行為が、債務者が支払不能になる前三十日以内に行われたものであること。
 二 その行為が、債務者と受益者とが通謀して他の債権者を害する意図をもって行われたものであること。


e-Gov 民法

 

 
もう一歩先へ
偏頗行為(特定の債権者に対する担保の供与に関する行為や、対価的に均衡のとれた特定の債権者に対する債務の消滅に関する行為)について規定しています。

対価的な均衡を欠く債務消滅行為については、民法424条の4で規定しています。