民法424条の4 過大な代物弁済等の特則

第424条の4 債務者がした債務の消滅に関する行為であって、受益者の受けた給付の価額がその行為によって消滅した債務の額より過大であるものについて、第四百二十四条に規定する要件に該当するときは、債権者は、前条第一項の規定にかかわらず、その消滅した債務の額に相当する部分以外の部分については、詐害行為取消請求をすることができる。


e-Gov 民法

 

 
もう一歩先へ
対価的な均衡を欠く債務消滅行為について規定しています。

消滅した債務の額に相当する部分は、対価的に均衡のとれた債務の消滅に関する民法424条の3、それを超える部分については原則規定である民法424条が適用されます。