商業登記法134条 抹消の申請

第134条 登記が次の各号のいずれかに該当するときは、当事者は、その登記の抹消を申請することができる。
 一 第二十四条第一号から第三号まで又は第五号に掲げる事由があること。
 二 登記された事項につき無効の原因があること。ただし、訴えをもつてのみその無効を主張することができる場合を除く。
 
2 第百三十二条第二項の規定は、前項第二号の場合に準用する。


e-Gov 商業登記法

 

もう一歩先へ
無効原因がある登記をそのままにしておくと、登記の信頼性が損なわれ、また、当事者も故意又は過失により不実の登記をしたときは、その登記が不実であることを善意の第三者に対抗できないという不利益をうけるため、速やかに不実の登記を抹消する必要があります。
 
cf. 会社法908条2項 登記の効力
 
もう一歩先へ 2号:
欠格事由のある者が取締役に選任され、その就任の登記がされている場合には、会社は、その登記の抹消を申請することができます。
 
cf. 会社法331条 取締役の資格等